ダニ イラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

キテン

 

 

 

 

 

 

 

 

シシの♂の牙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒグマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シカ

 

月の輪熊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカサゴキララマダニ
フタトゲチマダニ

 

 

 

ツツガムシ

 

 

 

 


   山の住人                                                                

さてと普通の方は山の住人と出くわすと怖いんじゃないでしょうか?住人といってもピンきりでダニ

からクマまでいろいろ居ますからね プロフィールで少しかじりましたが三十年近くハンターを

趣味としてきたので住人との付き合いも長いほうです それにしてもこのダニにはいつも悩まされます

症状はひどいものです 半日で気が付いて下記にあるように慎重に抜いたとしてもその日の夜には

かゆみ始めて我慢していても水ぶくれが広がり水を抜かないでいると隣に拡大またその隣と広がり

破れて体液が出始めると3日間出っ放し患部はびしょびしょで流れ落ちます ウイルス抗菌剤を塗り

4日目には止まりますが内部がダニのツバのせいかしこりになっていてそれがだんだん小さくなり

なくなるのにまた4日くらいすごい痒みです それもだんだん広がりついには患部でなく下のほうに

移動します 噛まれてから2週間くらいでかさぺたも取れて普通に見えてもときたま痒くなりかくと

中心部は刺すような痛さがありそんなんが1ヶ月くらい続き2ヶ月経ってもまだ少しかゆいw

ダニの種類なのか蚊の症状くらいや上記の症状もありいろいろです。

昔は取だたされませんでしたしよく研究されず判らなかったのもあると思われますが 人もダニに

噛まれると死ぬまであります ウイルスに感染したダニは日本の南から北上してきて 今や群馬

栃木まで来て気候が暖かくなってきているので東北にもちらほら突入かって所ですね。

 

健康なダニに噛まれても噛まれてる事さへ気が付きませんが発見しても掴んで引っこ抜いては

いけませんダニの針には逆毛があり深く刺さっているとダニの頭の方がもぎれてしまい頭は取れても

針が残ると患部は膿みとてもかゆくて掻くとするどく痛くてしかもそれが1~2週間くらい続くので

ダニを取るときにはダニの尻に線香を付けては離し殺さぬようにちまちま抜けてくるまでやるか

頭が見えるなら頭を先の平らなピンセットで掴み回しながら逆毛を閉じさせて無理なく引き抜くか

頭までつっこんでて見えないようだったら医者に行かないといつまでも治らずひどい目に会います

※ 追加のダニに関する重要な情報が最後に追加されています。

 

道路に黄テンが死んでいたので皮をなめそうと袋へ入れて持って来て開けたら50匹くらいのダニが

出てきたので野生動物がのんきそうに見えてもそうゆう所で苦労しているのか?と思ったものです

ダニの対策だけでこんなんですからバイキンだらけの野生動物に何かされたらそれは大変です

実際ウリ坊が足くくり罠にかかってはずしに行った事がありましたが10kg未満のやつが暴れても

素手で捕まえるのはもちろん大きな網でもないと捕獲できなかったですね 逃げるだけのシカでも

命がかかると攻撃してくるのを動画などで見ました 小さいにしても牙のあるタヌキ キツネ級以上

になると生かして捕獲するには麻酔吹き矢でもないとケガをしそうです 猟犬などシシの匂いで

 

藪に入ったと思ったらすぐに出てきて平気な顔をしていましたがその晩から食欲が無くなり2日後

には死んでしまいました 良く見ると米粒くらいの傷が腹にありましたがシシの牙で突かれ牙の

バイキンで腹膜炎を起こしたようです そのくらい口内などにはバイキンが住み着いてるようです

単独で山菜探しやきのこ採りに行く時は音の出る鈴なりを持って行ったほうがいいですね道から

はずれる時だけポッケから出せばいいでしょう 静かに休憩やら昼食やらしてると人の匂いを嗅ぎ取り

人を避けようとむこうから近づいて来てしまう事があります 歩ってる時も休んでる時も動物をまねて

聞き耳だけは立てておき早く気が付ける様にしたいものです 山は草木で視界が無いのでシカなど

 

あんな大きな耳を左右自在に動くように進化して来たのでしょうある程度距離があるうちに手を振

ったり声を出したりして大型動物には方向を変えてもらわねばやばいです シシだって大きいのに

なると真っ黒で人の腹の高さくらいのやつが居ますから160Kgくらいはあるでしょうか

そんなのは人を小バカにします 威嚇で突進して来たりしますがあくまで威嚇で闘牛みたいに跳ね

飛ばそうとはしません ある程度まで来て急停止し睨みますw 間違ってもサバイバルナイフなんか

で刺さないでください シシの♂は肩のあたりに鎧と言っていますが厚さ1.5cmほどのナイフも刺さら

ない硬い皮膚の変形した部分をかなり大きな範囲で持っていて内臓を守っています これは発情時期

になると♂同士♀の取り合いで喧嘩をする為に出来る物だと思われます 腹にしたって傷を負わせる

 

と余計元気になって受けなくていい攻撃をされるでしょう クマでもシシでも中動物でも逃げては

ならず足の数が向こうは2倍あるので走ってもかないません 人はただ睨み合うしか手がありません

たとえライフル銃を持っていても近づき過ぎたら撃てません 1発当たってもすぐには死なないから

です2発目が当たる前に叩かれるはめになります 睨み合って何度も逃げて行ってもらいました。

クマに限らず逃げるだけのウサギやシカならなおさら人などより五感が発達しているので人に

姿さえ見せずに迂回すると思われます おおかた里山散策において必要以上に住人を怖がらなく

 

てもいいと思います 後は機嫌の悪い大型動物に会わない運?w そうそういい忘れましたが

北海道は違います ここでの話は関東圏内の里山でして北海道のヒグマは人口が少なく人との接触が

極端に少ないうえに笹や芦が背丈以上に生えているような所が多い北海道では人がのろまな餌に

見えても仕方なく人が藪に入るにはもっと備えと気遣いをしたほうがいいかも知れませね。

どんどん話がそれて山の資源をいただく話を忘れていましたw

 

ここ関東北部ではシシが増えすぎて農作物を食い荒らしたり土手や田のあぜを壊したりで農家が

罠免許を取ってハコ罠などいっぱいかけてありまして 年間600頭くらい駆除しているみたい

ですがだんだん数が減ってはいますが頭の良いのが残っています 農家も最初は食べていましたが

だんだんあきてきて今では埋めるか市の焼却場で焼くかしています 大きいので肉としては喰いがいが

あります 焼肉とかでは少し硬いので向こうが見えるくらいに切るか圧力なべでとろ火にして40分

煮ると柔らかくいただけますね。以前日光市でシカの被害が多くてニッコウキスゲが食われて

戦場ヶ原が大変だとか言っていましたが シカも南下してきて 里山でも多く見るようになっています

 

シカ肉は草食なので昔から生肉を薄く切りワサビ醤油とかで食べていましたがやはり南からのシカ食の

C型肝炎が証明されてからは薄切りの焼肉か圧力鍋煮込みで火を加えていただいています

クマ肉ですが脂が厚くあるのである程度削がないと気持ち悪くなりがちです 普通に煮るとシシ肉より

硬いのでなるべく薄く切りレアー焼肉だと肉そのものが甘くていくらでも食べられるほどですやはり

クマの脂分が甘く感じるのでしょう なんと言ってもクマはモツ煮が最高です 他の物のように

腸内も臭くないので下ごしらえがいらないのとその脂のせいで絶品モツ煮となります たぶん店では

貴重過ぎて出してもらえないのではないでしょうか 猟師だけの贅沢となるようですが私はクマの呪い

に引っかかってしまいました モツを食べ過ぎて不治の病 高脂血症となってしまったのです orz

 

ここで内地の月の輪熊の人間に対しての対応ですが固体差はあるのもの同じようなので書いておきます

クマなど大型動物は目は白黒で見えていて発達していません耳と鼻で判断します人などすごく遠くから

解っていると思われます 気配は耳で一小尾根先から人間臭は風向きにもよるが二小尾根先からと

言われます じゃなぜ遭遇するのかですが風の回り込みや知ってても火薬の匂いじゃないので気に

せずってのもあるようです なにせ人に限らず相手と対峙接近すると瞬時に相手の強さを見抜き逃げる

か無視するか決定しているようです たまに尾根筋で昼寝していて一瞬逃げ送れて見られてしまうとか

もあるようですが まずクマから行動中の登山者に襲ってくる事はないですが食べ物の匂いが出ない

様にジプロックしたりクマ鈴や棒で立ち木をたたいて歩くなどしましょう 出会ってしまったら走ら

ない事 手を上げて大きく見せ大声を出し後づさる 睨んでください目だけでも負けない気会いと

態度が大切です ないですが格闘時には目や口に手を入れるやら反撃してください ナイフで刺さな

い方がいいでしょう余計元気になってしまいますw クマへの心構えはこんな所です。

最後にクマの力と武器をあなどらないでください!きもいのでご注意を。動画です

 

その他の肉ですが タヌキは年頃の方にできるニキビの特効薬ならず特効肉らしいです しかし

タヌキ特有の匂いがあるので食べ物としてはきついですね よほどニキビを治したい方用です

イタチなど麝香系はもちろんいけません 臭すぎますね サルなどは手があるのでキレイ好きと言うか

痒いノミやダニを仲間同士で毛ずくろいしていますけど 宇都宮あたりの珍味を売りにしている店で

サルの脳みそを食わせるとか ちなみに脳みそは当然無菌だし淡白質そのものだし 魚の白子と同じ

で口内でとろける感じで甘いですね 話の種に相棒とシカを食べた事がありました こんな話を聞いて

気持ち悪がらないでください あなただって食べているんです あのとんこつラーメンの白いつゆには

ブタの脳みそなんかも入れて煮込んでありますw

 

肉系でいうとまずそうで実はうまいスネあたりの肉付きは少なくすじの多いやつの圧力鍋煮込みです

初めのうちは動物をとってもすねは捨てていました いい所の肉が大量で保存も大変なほどですから

皮肉な事に狩猟をやめて仲間からもらうスネ肉をなんとか煮込んで喰ってうまさが解ったのでした。

 

 ※ダニに付いての追加情報です HPの作り方の問題で一番下にしか追加出来ませんでした。病気に感染

 したダニからウイルスをいただいても潜伏期間は7日から15日もありその後中熱や高熱が出たら必ず

 医者に行き山を歩いた事を伝えてください 症状が他のものに似ているらしく診断が遅れると脳炎とか

 は恐ろしい事態となります その他主な病気は日本紅斑熱 ツツガムシ病 重症熱性血小板減少症候群

 などでダニ感染脳炎は北海道5例目が出たそうで治療法は不明 市立札幌病院でワクチン3回3万で

 抗体が確認されるそうです。ちなみに重症熱性血小板減少症候群は群馬では北毛と西毛に症例があり

 栃木県は宇都宮以北で発症があったらしい。主に2種類のダニが媒介するそうなので

 写真を上げておきます。私は山菜が採り終える5月半ばになったらなるべく山は控え梅雨が終わる

 までじっと我慢しているのです その時期はツツガムシが活動を始め噛まれるとリケッチャーと言われる

 非常に小さな幼虫が血液中を流れ育つので細い場所で詰まったり食い破り細胞へ入ったり映画にある様な

 悪さをしますこの機会に調べ直したらどうやら夏中活動するみたいですけど どうせ獣の多い山では

 

 シマ蚊の3倍くらいある家蚊や吸血ブヨや目つぶしと呼ぶ小バエなどで止まって休む事が出来ないほど

 ですので里山のハイクは道ずたいの散策が無難ですね どんなでも道なら歩くにもスピードが出ます

 ので振り切れますしひつこい様ならつつじの枝など折って早く振れば細かな枝が多いので当たるかもね。

  最近ここら辺の変化                                                                   

 そういえばめっきり野うさぎを見なくなりました フンも全くないので居なくなってしまったようです

 きつねの穴もありますが使わなくなって久しいようです 私の家の庭にもピョコタン ぴょこたんと

 急ぎもせず遊びに来ていたものでしたが前足は短く後ろ足の妙に長いその歩きにくそうな姿がいかにも

 のんきそうで里山に平和な雰囲気を撒き散らしていたのにどうした事でしょう 山道を運動中に前方

 50mほどに犬くらいの大きさの動物が立ち止まって何をしているのでしょう動きません ここは小さい

 ながら山をへだて隣の谷へ行く峠となっており入り口は舗装にもなっている道です 距離を詰め足跡を

 確認すべくつけて行き地面の湿った所には爪跡5本+肉球=あなぐまでした あなぐまは丈夫なつめで

 穴を掘りそこを住処にして何頭かで共同生活をするそうです猟師仲間や年寄りはマミと呼んでいます

 

 目撃したのが夕方だったので後日逆をたどって行ったら斜面に大量の泥が掘り出してあって住処の穴

 がありましたその穴への獣道は踏み固められていて毎日使っている様子です ここいらへんの里山では

 あちこちにシシのヌタ場と言い泥水をあびダニなどのケアをする場所があり生活の場になっています

 ハミ場はエサ採りの場所ですが足跡から見るとシシだけではなくシカも毎日降りてきて食事をしている

 ようですからすっかり混雑していて落ち着いて野ウサギが生活する場所ではなくなってしまったようです

 ウサギが居なくなればキツネも追いかけて移動します タヌキやイタチなど木に登れるので大型動物とも

 同居ができるんでしょうフンも見当たります 果樹農家などはハクビシンは天敵ですおいしい物好きで

 

 モモ ナシ ブドウ スイカ さつまいも カキなど甘い物など狙ってそこから離れませんし住まいも

 天井裏や縁の下 納屋の中など人から住みかも作物も奪う勢いです あんまりずずしいので人が捨てて

 増えたアライグマと一緒に狩猟獣に指定されています でもまだ頭脳が少ないだけかわいい方でサルと

 なると頭は人と同等 キバを持ってて木登りがうまいだけ被害も拡大し対策となると大掛かりになる

 のでお金もかかるし一元の観光客はエサを与えるし なにより悪い条件に国の天然記念物ときています

 ので狩猟獣の対象にならないのです 日光国定公園が監督省庁の調査不備のうえ間違えたシカの過保護の

 為に造林業に大きな被害が出ているし 戦場ヶ原のニッコウキスゲまで食われてまたそれに対策費をと

 

 後手後手に回り サルに対してもその教訓を生かせずにいます 役人のお役所仕事には困ったものです。

 そういった大型動物が徘徊する様な里山ではダニはそこらじゅうの枝やしの竹にたかって次の動物が

 来るのを待ち構えていますし その動物の血を吸って繁殖した大小の蚊も多く居ますので散策には

 相応の準備と用心深さも必要かと思います 手には常に棒を持ち獣道に突き出ている枝が体に触れない

 ようにするとか腰を下ろして休憩する場合には殺されるまであきらめない蚊やアブ ブヨですから

 小型携帯用の殺虫剤が便利です 開けた場所に出たら服やズボンを見てダニが歩っていないか確かめる

 様にしないと春先など小さいのが10匹も付いてる事がありあわてて叩き落としたりしています。


  法律的なかいつまんだ知識                                                                   

 

 山の植物と野生動物に対しての法律的な事を少し書きます。動物愛護法では理由なくむやみに傷つけ

 捕獲し又は殺してはならない でしょう読なくても解りますなにせ法律は常識ですからね 獲り方が

 決められているのは狩猟法です 狩猟したい者は国家試験である狩猟免許を取得し銃猟なら銃の許可

 申請し犯歴など審査され下りたら銃を買い登録する 罠でも狩猟免許は必要です 銃猟は冬が時期です

 罠猟は銃猟時期には猟犬などが掛かるので15日前から15日後まではできません 罠をかけると人も

 ケガをしたりするので罠の場所に見えるように許可状を掲示せねばなりません 掲示のない罠は大変危険

 ですので発見しだい取り払いましょう 害獣が出没し被害があるなら個人ではなく団体単位での申請で

 有害鳥獣駆除許可が環境庁から下ります 山をメッシュ状に区切ってあり禁猟区 休猟区 銃猟区など

 細かく管理しています 小鳥はいっさい捕獲禁止です とりもちやかすみ網など発見したら即110番

 しましょう ちなみに違反狩猟は密猟で50万円以下の罰金 反省のない悪質なものは 懲役もあります

 植物に関しては公園保護法などや地域の条例などの規制なありますが山野草の採取などでなく新芽や

 葉や実 種など殺さない一部採取なら問題ありません ただ告知板とロープなどで囲ってあり入山規制

 場所などは個人の山で入ってもたいたくないので遠慮しましょう 渓流や沢などは漁協管轄で釣り場には

 必ず告知ポスターなどで知らせる義務があるので注意されたら素直にやめれば問題ありません これも

 また 常識範囲内で対処すればいいでしょう。